HOME | 最新号 PICK UP | 神戸ポートタワー プロジェクションマッピング

バックナンバー

神戸ポートタワー
プロジェクションマッピング

神戸ハーバーランド、南京町、明石海峡大橋、モザイク大観覧車など神戸の街並みが積み重なったコンテンツ

 

神戸ポートタワーの改修期間中
全長80mの巨大マッピングを上映

 2023年夏のリニューアルオープンに向けて現在改修中の「神戸ポートタワー」で、プロジェクションマッピングが行なわれている。同タワーは1963年11月のオープン以来、約60年に渡り神戸港のシンボルとして親しまれてきたが、工事期間中も同タワーに親しんでもらおうと、神戸市と㈱神戸ウォーターフロント開発機構が「神戸ウォーターフロント アートプロジェクト」を企画。その第一弾イベントとしてプロジェクトマッピングを開催した。
 
 現在上映中のプロジェクションマッピング「One and only」は、神戸の食・アート・観光・文化・伝統をテーマにした約7分間のコンテンツで、夜6時30分から10時まで30分間隔で上映。その合間にも、神戸をイメージした南京町のランタンやスイーツなどのプロジェクションマッピングを流している。
 
 コンテンツ制作には、姫路城や太陽の塔など大型観光施設で日本一の実績を誇る㈱シムディレクトと㈱タケナカが選ばれた。季節ごとにコンテンツを変えていくほか、新しい空間演出のあり方にも果敢にチャレンジしていくという。
 
 都市景観として見栄えの悪い改装中のタワーにプロジェクションマッピングを行なうという発想は実に斬新だ。プロジェクションマッピングを行なうことでマイナス要素をプラスに転換させ、唯一無二の体験価値を提供している。映像の長さ80m、それも2023年春まで1年以上にわたる長期上映の実施は前例がなく、神戸の新たな観光スポットとして注目されている。

輝く月と六甲から見た夜景のコンテンツ

色とりどりの気球や風船、ボールが転がり、賑やかになっていく映像は、食・アート・観光・文化・伝統が折り重なることで人が集う場所へとなることを表現している

30分ごとに上映される本編の幕間にも、スイーツや南京町ランタンなど5つの映像が順々に流れる

  エンタメ関係者必見!!
 

バックナンバー INDEX
 ■ No.50
 ■ No.49
 ■ No.48
 ■ No.47
 ■ No.46
 ■ No.45