バックナンバー

THE TOKYO MATRIX

 

人気作品をベースとしたミッション攻略型アトラクション
オープン1か月弱で2万人を突破

ダンジョン攻略探検施設と標榜する「THE TOKYO MATRIX」は、ミッション攻略型のアトラクションである。
 
 内容は、2~3人のパーティを組み、その仲間と協力して、デジタルとアナログを融合したミッションに挑戦し、チームでクリアを目指すというもの。ミッションはQUEST1~5の5つで、アイテム探しやトラップ回避、モンスター討伐などさまざま。思考能力、運動能力、運、チームワークなど幅広い要素が要求され、難易度も高めに設定。何度も挑戦したくなる仕掛けとしている。
 
 またこれらのミッションやストーリー、世界観は、累計3,000万部発行のライトノベル、アニメ作品の『ソードアート・オンライン』をベースにしたもの。プレイヤーは同作品のキャラクターアバターとなり、リアル仮想空間でプレイしていく。
 
 体験にあたっては、事前に同施設のホームページにある「アノマリー・クエスト ポータル(AQP)」にて会員登録したうえ、日時指定で予約が必要。
 
 プレイ時間は平均1時間を想定。料金(税込)は、当日予約で平日2,250円、土・日祝日で2,450円。事前予約の場合は平日2,000円、土・日祝日2,250円となっている。
 
 2023年4月14日にオープンした同施設だが、1か月弱(5月4日現在)で2万人の来場を記録。今後もソニーグループの強みを活かした展開が注目される。


 

運営主体

㈱ソニー・ミュージックソリューションズ

㈱ソニー・ミュージックエンタテインメント

料金(税込)

[平日]事前予約2,000円、当日予約2,250円

[土・日祝日]事前予約2,250円、当日予約2,450円

営業時間

10~22時(最終受付21時)

※状況によりイベント(催事)の中止や、一部内容が変更となる場合がございます。
※本イベントに関する情報は予告なく変更になる場合がございます。
©Sony Music Solutions Inc. All rights reserved. 
©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

入場すると待合いスペースとショップが配されている

順番にアナウンスがあり、呼ばれるとPITからダンジョンに入る流れ

施設入口。写真右の受付にてデバイスを受取り、入場する。料金は、施設内通貨「トポロ」で支払う。なおトポロは、「アノマリー・クエスト ポータル」でチャージできる(クレジットカード、コンビニ決済)

ミッションは「戦う」「投げる」「引く」「避ける」「探す」「聴く」などさまざまな内容を用意。ソニーグループの最先端技術を活用している

PITにはアバターが投影。ダンジョンに入る前からワクワクする仕掛けが施されている

©ハウステンボス/J-20476